良物件を見つけるための法則

作者自身の体験談をふんだんに

夢見る戸建て物件を選ぼう!

前のページではマイナスのことを多く書いてしまったような気がします。
しかし、家選びは重要なことなので、後悔をして欲しくないと考えて書きました。
では、これからは楽しい夢のお話をしましょう!
まず、私自身通算5つのお家を見てきました。
その中でも印象に残っている3つを例にあげて語って行きます。
1つ目のお家は予算は割愛しますが、郊外にある、大きめの家で三階建のお家です。
そこのメリットはまず三階建なので部屋が多く取れ、キッチンがシステムキッチンでした。
しかし、デメリットとしては駅から少し遠く、移動には車が必須になっているところです。
その点を除くと景色も良く、緑も多くて、将来子どもができたとしても十分なぐらいの広さはありました。


都会と田舎の違い

では、残り二つは都会のど真ん中と田舎対照的なところを例にあげて終わりにしたいと思います。
まず、都会の最大のメリットは駅に歩いて何とたったの2分!
衝撃的な近さを誇っていましたがやはりデメリットとしては予算を頑張らなければ三階建は建てることができませんし、建てられたとしても土地自体が小さく、細長いようになってしまっていました。
では、逆に田舎のほう、おそらくみなさんが思っているよりも田舎でのメリットはなんといっても土地の安さ、もし都会でこの規模を買おうものなら何億といるかもしれないぐらいの土地がありました。
しかし、最大のデメリットは駅は遠いことはもちろんのこと、将来の子どもが通うであろう学校までが歩いて30分以上かかってしまっていることがデメリットにあげられました。
このように沢山の物件を見ることで見えて来ることは沢山あります。
このことを胸に、良い物件選びをお楽しみください!


この記事をシェアする
TOPへ戻る